ステンレスの魅力

ネジ

頻繁に開け閉めする必要のある接合部において使用する締付具というのは、簡単に取外せるものであることが好ましいとされています。そういったニーズに沿った締付具に、つまみねじと呼ばれるものがあります。つまみねじというのは、工具を必要とせず手・指の力のみで締付・取外しを行うことのできる締付具です。代表的なものとして、蝶型ナットや蝶型ボルトといったものがあげられます。その利便性の高さから、事業だけでなく一般利用においても幅広く活用されているのです。
つまみねじを利用する事業において、ステンレス製のつまみねじが注目を集めています。つまみねじの材質としてステンレスを採用したことによって、つまみねじはより高品質なものとなったのです。ステンレスの特徴というのは、高い耐食性及び強度にあります。耐食性というのは、雨風による劣化や錆、傷に強いといったものになります。ステンレスの耐食性が高い理由として、ステンレスの性質である不動態皮膜があげられます。不動態皮膜というのは、クロム表面に発生する皮膜でコーティング効果があります。そのため、雨風や錆に強いのです。傷に関しても、表面の不動態皮膜が落ちるだけで本体に傷はつきません。また、この不動態皮膜は自己再生する性質があるため、長期間の高い耐食性を実現できるのです。強度に関しても十分なため、事業にとって魅力ある材質となっているのです。ステンレス製つまみねじを利用することで、より高品質な製品を提供していくことができるでしょう。